昭和42年、利府村が町制施行し利府町となる。県中央部に位置し、北部は松島丘陵の山林が占め、南部は仙台平野に面する平地となる。特産物としてナシが有名だが、沿岸地域でのカキ養殖なども盛んである。昭和59年以降、ベッドタウンとして大規模な団地開発が進み、交通網の整備や大型商業施設の集積などで利便性が向上している。町内に新幹線車両センターや、宮城スタジアム、県民の森などを有する。

丸森町 七ヶ宿町 川崎町 蔵王町 山元町 大河原町 亘理町 柴田町 村田町 七ヶ浜町 利府町 松島町 女川町 南三陸町 大和町 大郷町 美里町 大衡村 色麻町 加美町 涌谷町